銚子ポートタワー

緊急事態宣言の解除に伴う開館のご案内

新型コロナウイルス感染拡大防止の為、臨時休業しておりましたが、緊急事態宣言の解除に伴い5月30日から開館させて頂きます。
館内は感染防止措置を図ると共に、お客様にはマスクの着用や手指の消毒のご協力をお願いいたします。なお、営業時間は通常通りです。

【開館日時】2020年5月30日(土) 9:00~

水産ポートセンター内に「ウォッセ21」と隣接する、高さ57.7mのツインタワーです。4階展望室からは360度の大パノラマが広がり、陽光に輝く太平洋を背景に銚子漁港、丸みを帯びた水平線、利根の河口の雄大な眺望を満喫することができます。

こちらのスポットを撮影などでご利用の方

下記の連絡先までご連絡ください。

【銚子市役所 産業観光部 観光商工課】
住所:〒288-8601 千葉県銚子市若宮町1-1
銚子市役所 産業観光部 観光商工課内 銚子フィルムコミッション
TEL:0479-24-8707 FAX:0479-25-0277
E-mail: fc@city.choshi.chiba.jp

おすすめ

「夫婦ヶ鼻(岬)カップルアーチ」

展望室を二本の塔がささえるような形が特徴的な銚子ポートタワーが建つこの地は、かつて夫婦ヶ鼻と呼ばれる岬でした。そのタワーの形と地名からか、夫婦や恋人同士の絆が強くなるスポットとして注目されつつあります、そこで「ここに訪れた二人が幸せになりますように…」との願いを込めて手作りのアーチをつくりました。この地を訪れた記念に写真を撮るのはいかがですか。

「白亜紀からのメッセージ」

銚子ポートタワーの脇に小さな崖があります。崖の地層を見ると粒子の細かい泥岩層の間に細粒の砂岩が薄く挟まれています。この地層は今から1690万年~1650万年前に深い海の底(100m~数百m)に堆積したもので、夫婦ケ鼻層と呼ばれています。かつてこの場所の南側に約1.5kmにわたってこの地層の崖が続いていましたが、近年の漁港の改修工事によって、現在では銚子ポートタワーのふもとにわずかに残るだけになってしまいました。
夫婦ケ鼻と同じ地層は鹿島沖の海底深で確認されています。その深さはなんと700m~1100m。いかに銚子が隆起したかがわかります。

住所 千葉県銚子市川口町2-6385-267
TEL 0479-24-9500
FAX 0479-24-5011
営業時間 AM 8:30~PM 5:30 (4月~9月の土日祝日および8月は、AM 8:30~PM6:30) ※ただし入館は閉館時間の30分前まで
定休日 毎週木曜日(荒天時休館の場合あり) ※木曜日が祝日等の場合は開館し、別日を振替休館とすることがあります。
駐車場 車47台、バス3台(無料)
アクセス JR銚子駅からバス川口・黒生・ポートセンター行で約20分
料金 大人    420円
小・中学生 200円
65才以上  360円
団体20名以上  大人 370円、小・中学生 180円
団体100名以上 大人 300円、小・中学生 150円
両施設入館割引 大人 700円、小・中学生 350円
※銚子ポートタワー・地球の丸く見える丘展望館の両施設に入館することが可能で

【銚子ポートタワー 専用パスポート】
大人1,000円、小・中学生 500円
※有効期限:購入日から1年間
【共通パスポート】
大人1,600円、小・中学生 800円
※銚子ポートタワー・地球の丸く見える丘展望館の両施設に入館することが可能です。(有効期限:購入日から1年間)

教職員が引率する小中学生 100円(※引率教職員は無料)
障害者手帳をお持ちの方 無料(介助者1名まで無料)
※障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳(知的障害者用)、精神障害者保健福祉手帳)をご提示ください。
ホームページ http://www.choshikanko.com/porttower/

周辺のスポット

このページを見ている人は、こんなページも見ています