本文へ

銚子ポートタワーホームページへ

イベント情報・スタッフだより

 

茨城県鹿嶋市・神栖市を中心に活動している「MORIフォトクラブ」の
写真展が、銚子ポートタワー2階で9月30日(水)より開催されます。
今回は、代表の森 秀暢氏の地元鹿嶋市や銚子市での撮影会等での作品を
はじめ会員が自身の感性で撮影した写真など約40点展示。
「どうやって撮ったんだろう」感心する作品や思わず「きれい!」と声が
出てしまうような作品ありと、とても楽しい写真展です。

    
     
     
    期 間 : 9月30日(水) 〜 10月13日(火)
    時 間 : 8:30 〜 17:00 ※最終日は12:00まで
     会 場 : 銚子ポートタワー2階展示ホール


全日本タワー協議会が制定した10月1日の『展望の日』が近づいて
きました。
銚子ポートタワーでは、毎年展望室入場先着101名様に全日本
タワー協議会共通のノベルティをプレゼントしています。
今年のノベルティは、最近流行しているという「マスキングテープ」。
全日本タワー協議会加盟の20タワーがプリントされた5カラーの
かわいいマスキングテープです。
 
 
 

スマホやお部屋の小物に貼ったり、付箋の代わりに使ったりして
いろいろ楽しんじゃってください。
プレゼントのノベルティは、色が選べませんのであしからず。

また、『展望の日』前日9月30日の日没から翌朝まで、展望室の
照明を暖色系(ピンク)にします。こちらもお見逃しなく
 

銚子市民の足であり、観光資源でもある「銚子電鉄」。
現在、銚子電鉄で活躍するデハ1001(黄色い車両)が老朽化のため
代替車両として四国の伊予鉄道からモハ710という車両が銚子にき
ました。
その陸揚げ作業が9月15日に銚子港で行われました。

  
 
 

貨物船で運ばれてきた車両は、何年も松山市民の足として、また観光客の
移動手段として頑張ってきたんだなぁと思われる姿でした。
 
  
 
これからは、市民や観光客に愛される銚子電鉄の一員として活躍してくれる
ことを期待したいと思います。
なお、銚電デビューは、来年の予定だそうです。 



先日関東を襲った大雨、水害の被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
日本一の流域面積を誇る利根川、その河口に位置する銚子市。
その利根川の海への出口にある、銚子第三魚市場は上流から流れてきた様々な
物で溢れんばかりです。

  
 

流木やら小屋の一部と思われる板やら発泡スチロールなどの他、生活雑貨なども見られます。
それらを撤去するため、重機を使って地上に上げているのですが、思うように捗りません。
 
 

完全撤去と浚渫、機能回復にはあと数日間はかかるでしょう。
あらためて、大自然の猛威に驚かされました。


銚子ポートタワー〒288-0001千葉県銚子市川口町2-6385-267電話0479-24-9500
一般社団法人銚子市観光協会