芸能披露の様子

神輿の厳かな行列のほか、銚子市内の各関所において東大社の氏子らによる大名行列や剣舞など雅やかな時代絵巻をご覧になることができます。

弥勒三番叟(倉橋)
雷神社氏子の、海上町倉橋地区に伝承されている。
御神幸祭の時に、この地区が露払い役として猿田彦命を演ずるが、この時に供奉する芸能である。
弥勒三番叟(倉橋)
大名行列(羽計)
全国でも類のない大名行列で、芸を行いながら15の関所を回る。
大名行列(羽計)
雲助(羽計)
「雲助」は殿の荷物運びで、おーそれ兄弟と畳1畳ほどの大きな荷物を運びながら関所で繰り広げる芸が笑いを誘う。
雲助(羽計)
下座手踊り(東今泉)
手踊り6曲、手踊りに合わせ下座連が6曲のほか、下座連の段もの1曲を持って15関所に賑々しく披露する
下座手踊り(東今泉)
源頼朝公富士の巻狩り(今郡)
かわいらしい小学生の扮する頼朝公は狩衣姿も凛々しく、馬に乗って多くの家来を従えて登場する。
源頼朝公富士の巻狩り(今郡)
下座手踊り(宮原)
桜花爛漫の春四月、伝統に輝く郷土芸能の妙技を演じつつ、宮原町は、町内総がかりの関係者二百有余名をもってお供致します。
下座手踊り(宮原)
下座手踊り(石出)
石出郷の芸能行列の先頭は、3名の使者。
関所に着くと「頼もう、開門頼もう」「どうれ、何用でござる」と、お決まりの問答が始まる。
下座手踊り(石出)
虎屋大漁丸薬売り(八重穂・粟野)
歌舞音曲をもって賑々しくお供する。口説は15分という長いウイロウ丸の口上を述べる。
虎屋大漁丸薬売り(八重穂・粟野)

このページのTOPへ ▲

リアルタイム情報配信