交通のご案内


おすすめコンテンツ
銚子ポートタワーウェブサイト
地球の丸く見える丘展望館ウェブサイト
フォトコンテスト受賞作品をみる
特集アーカイブ
イラストギャラリー

特設サイト
調子イイ銚子をちょ~知りたい!観光協会スタッフブログ お試し移住体験

色々つぶやき中♪『ツイッター』
地球の丸く見える丘展望館のつぶやき

ぬれ煎餅のご注文
まるごとeちば 千葉県公式観光物産サイト
特集アーカイブ
銚子みなとまつりの歴史
夏は全国各地で祭りが開催されますが、皆さんもお住まいの地域で開催される祭りに参加する機会があるのではないでしょうか。ここ銚子でも夏を彩る『銚子みなとまつり』が毎年開催されます。今年は8月7日、8日の2日間の開催ですが、この2日間は銚子の町は祭り一色になります。
『銚子みなとまつり』は、銚子を代表する祭りとして続いていますが、あらためてその歴史を振り返りながら、今年の夏はまつりでさらに熱く盛り上がりましょう!
◆ 2010銚子みなとまつりプログラム
期日 8月7日(土)、8日(日)
内容 <8月7日(土)>
 ○ やっぺおどり 17:00~
   シンボルロード(雨天順延)
 ○ 花火大会(約4000発) 19:30~
   利根川河畔(雨天順延)
<8月8日(日)>
 ○ みこしパレード 12:00~
    市役所~白幡神社~銚港神社
    大人みこし7基 子供みこし7基
※当日は相当の混雑が予想されますので、車でのお出かけはご遠慮ください。
お問合わせ 銚子みなとまつり実行委員会
TEL : 0479-25-3111

銚子みなとまつりの始まり

初代みなとまつりポスター
昭和57年みなとまつりポスター

『みなとまつり』はもともとは『大潮まつり』が発祥でした。「大潮まつり」は、漁業関係者の信仰のあつい川口神社のみこしが町内を練り歩く、大漁と航海安全を祈願するお祭りですが、次第に市民が参加して楽しめる祭り『銚子みなと祭り』(当時は“まつり”が漢字でした)として昭和45年に始まりました。そして昭和50年に『銚子みなとまつり』(“祭り”から“まつり”)へ名称を改め、今年36回目の開催となります。祭りのプログラムも少しずつ変わり、ここ数年は8月初旬の土曜日、日曜日の2日間を利用して開催されています。
また、祭りのポスターは、現在は祭りの風景を用いたものがほとんどですが、昭和57年から数年は、銚子市内の企業の女性職員の代表が表紙を飾っており、たいへん華やかでした。


やっぺおどりの成り立ち


初日に銚子駅前シンボルロードで行われる「やっぺおどり」は“市民が誰でも踊れて、参加できる踊りを作りましょう!”という働きかけにより、昭和49年~50年にかけて市民から振り付けを公募して、生まれた踊りです。うちわを手のひらでくるくる回す振り付けは簡単で親しみやすく、子供からお年寄りまでみんなが知っている踊りです。
やっぺおどりへの参加は、企業や各種団体毎に受け付けております。来年は仲良しのグループでやっぺおどりにエントリーしてみませんか?


やっぺおどりの様子

夜空を彩る大輪の花火

花火の開催を告げる信号花火が打ち上げられると(今日は花火大会だ…)と気持ちが逸ります。
「やっぺおどり」の次は、いよいよお楽しみの「花火大会」です。利根川河岸で行われる「花火大会」は、オープニングからエンディングまで、6景で構成されていてそれぞれのテーマに合った種類の花火を打ち上げます。約4000発の花火が銚子の夜空に見事な大輪を咲かせます。「ドンッ!」という大きな音とともに見事な大輪花火が上がると歓声があちこちに響き渡ります。
銚子駅前シンボルロードは途中から、車輛通行止めになるので、ござを敷いてじっくり花火を楽しむ家族連れや、市内外からも毎年大勢の方々が訪れ、大変な賑わいです。

10号玉の大輪花火

  • オープニング
  • 賑やかで派手な演出とします
  • 第1景 銚子はなび百景
  • 銚子の夜空を彩るたくさんの花火が次々に咲き乱れます
  • 第2景 銚子市民におくる大輪の花束
  • 色とりどりの花が次々と現れます。銚子を愛する人たちへ感謝の花を贈ります
  • 第3景 スターライト・イリュージョン
  • 漆黒の夜空にまたたく星のようにキラキラと光り輝く花火が銚子の町を明るくします
  • 第4景 みなとまつりを彩る空の華
  • みなとまつりをさらに盛り上げるように、利根川上空に大きな花火が開きます
  • エンディング
  • 毎年好評のエンディングは錦冠菊(にしきかむろぎく)と呼ばれる金色のシャワーのような花火で銚子の夜空をきらめかせます

迫力満点みこしパレード

「銚子みなとまつり」の2日目は、威勢のいいみこしパレードが行われます。市役所をスタートし、マイロード、ココロードを通って、銚港神社までを練り歩きます。
残念なことに、少子化の問題等で子供みこしの数は年々減る一方ですが、重いみこしを一生懸命担ぐ子供たちは何とも微笑ましく、一方大人みこしは、“漁師町銚子!”を思わせる荒々しさと、威勢の良さが魅力です。また、近年みこしを担ぐ女性の姿も多くなり、みこしの風景にいっそう華を添えています。


威勢のよい大人みこし

※掲載内容は、2010年7月30日現在のものです。

<掲載情報について>
各号の記事中で掲載している情報は、それぞれ発行時点でのものです。
このため、記事中で紹介しているリンク先ページは移動・削除・その他の理由により参照できなくなっている可能性があります。予めご了承ください。

前のページへ このページの先頭へ

HOME | お問い合わせ・ご意見 | このサイトについて | 当協会について | リンク
(C)一般社団法人銚子市観光協会 TEL:0479-22-1544(JR銚子駅構内)