交通のご案内


おすすめコンテンツ
銚子ポートタワーウェブサイト
地球の丸く見える丘展望館ウェブサイト
フォトコンテスト受賞作品をみる
特集アーカイブ
イラストギャラリー

特設サイト
調子イイ銚子をちょ~知りたい!観光協会スタッフブログ お試し移住体験

色々つぶやき中♪『ツイッター』
地球の丸く見える丘展望館のつぶやき

ぬれ煎餅のご注文
まるごとeちば 千葉県公式観光物産サイト
特集アーカイブ
大漁旗で祝う それぞれの門出
千葉県指定伝統的工芸品である『萬祝式(まいわいしき)大漁旗』は、江戸時代から続く漁師伝統の「萬祝着」から発祥したものです。「萬祝」とは、大漁祝の慶事のことで、その祝いの引出物として、網元(漁業を営む者)から網子(雇われている漁師)に配られ、それを着物仕立にした衣装が「萬祝着」です。今では、衣料とはして用いられなくなりましたが、その技術を使って作られるようになったのが、『萬祝式大漁旗』です。
元々は、大漁の知らせを、港で待つ人にいち早く伝えるために船に掲げたのが始まりですが、漁師の仕事始めを祈願する漕出式(こいでしき)や、新しい船の誕生を祝う進水式で、漁船に飾る目的で使われてきました。
鮮やかに彩られた旗は、“豊漁を願う”という、めでたいイメージにふさわしく、昨今では、結婚式、出産祝い、新築祝、開店祝いなどの贈り物としても人気があります。勇敢で威勢のいい姿は、人生の節目となる記念日や祝いの席を演出してくれます。
萬祝着
▲萬祝着
【取材協力】額賀屋(ぬかがや)染工場 宮澤紀年さん
私だけの一枚をオーダー
ある程度決まった柄があるとはいえ、名前や日付が入る大漁旗は、世界に1枚しかないオリジナルです。コンピュータを一切使わない手描きの絵柄、そして、1枚1枚ていねいに染められていく工程は、昔も今も変わりません。注文を受けてから生産をするので、注文した方それぞれの思いを、旗に込めて作っていくことができるのです。
萬祝式大漁旗ができるまで
下絵描き 染め 仕上げ
糊づけ
(1)下絵描き
畳に布を広げて、四隅を鋲で固定し、下絵を描いていきます。額賀屋染工場の御主人宮澤紀年さんは、この道48年というだけあって、すらすらと鶴や亀の絵を描き上げてしまいます。
(2)糊づけ
糊は、季節に合わせて御主人が自ら調合します。下絵に沿って糊づけをしていきます。糊づけをした部分が色が染まらず白く残るのです。
(3)染め
鮮やかな色を出すため、天然染料ではなく化学染料や顔料を使用していきます。14~15色の色を混合したり、濃淡をつけることで多彩な色を表現します。
(4)仕上げ
銚子の乾いた海風で、干して乾かす作業を繰り返すと、大漁旗の鮮やかさが一層引き立ってきます。色止めの薬品を塗布して乾かし、滲んだ箇所や細かな部分を修正していきます。最後に、旗の端の始末をし、紐を通すためのカンをつけます。こうして出来上がった大漁旗は、熨斗(のし)をかけた箱に丁重に納められ、お客様の手元へ届けられるのです。
既製品・販売品のご紹介
JR銚子駅のほど近くに店を構える額賀屋染工場は、受注生産が主ですが、観光客向けにテーブルセンター、うちわ、のれん、ブックカバーなどの既製品の販売もしています。手頃なお値段なので旅の思い出やお土産にいかがですか?
電話やファックスでの注文も承っていますが、やはり、実際に見て、手にとってお気に入りの1枚を見つけてみてください。
テーブルセンター ブックカバー うちわ
テーブルセンター
1,800円~3,000円
ブックカバー
1,000円~1,500円
うちわ
2,000円~3,000円
【製造・販売】額賀屋染工場
萬祝式大漁旗の製造元紹介
額賀屋染工場
千葉県銚子市中央町2-3 JR銚子駅から徒歩7分
TEL : 0479-22-1135 / FAX : 0479-22-0660
定休日 : 日曜・祝祭日
営業時間 : 9:00~17:00(2008年は1月7日より営業)
小澤染工場
千葉県銚子市外川町3-10968 銚子電鉄外川駅から徒歩5分
TEL : 0479-22-2783 / FAX : 0479-22-2783
【工場見学可】 事前にお問い合わせください

銚子観光ホームページ『ジャンル別検索』の「製造」をご覧ください


萬祝式ブックカバー染付体験
千葉県では、平成20年1月1日から3月31日までの間、全国から多くの観光客のみなさんをお迎えする「早春キャンペーン」を実施します。
「萬祝式ブックカバー染付体験」もキャンペーンのひとつで、柄を白抜きにしたブックカバーに色付けしていきます。この機会にぜひ、オリジナルブックカバー作りに挑戦してみませんか?

体験記

色付け

ブックカバー完成

好きな地色のカバーを選び、さぁスタート!
わたし:
何色から塗り始めたらいいですか?
御主人:
本当は薄い色から塗っていくといいんだが、好きな色で自由にやっていいんだよ。

不器用な私は、御主人の優しい言葉に“ほっ”として、さっそく色付けを開始しました。
完成品が横に置かれていましたが、真似をするよりも自分の感性で色を付けていったほうが、オリジナリティがあふれる作品ができそうです。
色を付け終わったら、アイロンをかけて出来上がり。世界に1枚しかないオリジナルブックカバーが完成しました。読書好きの私には嬉しい作品です。さっそく読みかけている本にかけてみました。
私は、大漁旗のように華やかな色をたくさん使って作ってみましたが、2色くらいのグラデーションで色をつけても素敵です。
染付体験のご案内
期間 平成20年1月15日~3月31日の金・土曜日
時間 午後1時から
参加可能人数 1~4名 2組限定
アクセス 千葉県銚子市中央町2-3 銚子駅から徒歩7分
料金 1人 2,000円
予約 1週間前までにご予約ください
お問合せ先 額賀屋染工場 受付 : 月~金(平日) TEL : 0479-22-1135

※掲載情報は、2007年12月末日現在のものです。

<掲載情報について>
各号の記事中で掲載している情報は、それぞれ発行時点でのものです。
このため、記事中で紹介しているリンク先ページは移動・削除・その他の理由により参照できなくなっている可能性があります。予めご了承ください。

前のページへ このページの先頭へ

HOME | お問い合わせ・ご意見 | このサイトについて | 当協会について | リンク
(C)一般社団法人銚子市観光協会 TEL:0479-22-1544(JR銚子駅構内)