交通のご案内


おすすめコンテンツ
銚子ポートタワーウェブサイト
地球の丸く見える丘展望館ウェブサイト
フォトコンテスト受賞作品をみる
特集アーカイブ
イラストギャラリー

特設サイト
調子イイ銚子をちょ~知りたい!観光協会スタッフブログ お試し移住体験

色々つぶやき中♪『ツイッター』
地球の丸く見える丘展望館のつぶやき

ぬれ煎餅のご注文
まるごとeちば 千葉県公式観光物産サイト
特集アーカイブ
銚子の海で感動体験!『イルカウオッチング』
観光資源が豊富な「銚子」は、海の生き物である「イルカ」や「クジラ」たちが集まる場所としても知られています。1年通して野生のイルカやクジラたちと出会えるここ銚子で「イルカウオッチング!」を体験してみませんか。チャーミングな海の生き物たちとの出会いにドキドキ、胸キュン間違いなし!“太平洋の大海原をひとりじめ”したような感動体験ができますよ♪
【取材協力】 (有)銚子海洋研究所
銚子沖で見られるイルカたち
親潮と黒潮がぶつかり合うことで、豊かな漁場が広がる銚子沖では、春になると、黒潮の流れにのって、小笠原諸島や伊豆諸島からイルカが北上してきます。
そのイルカたちの多くは、子ども連れです。そしてここでイルカの母子は、子育てをして過ごすのです。お母さんに寄り添うように一生懸命泳ぐ生まれて間もない赤ちゃんイルカの姿も愛らしくて印象的です。銚子の恵まれた地形と豊富な餌のおかげで、快適で健やかに成長できるのですね。
季節によって、オットセイ・クジラ・シャチなどを見ることもできます。
海の生き物たち Photo Gallery
銚子で出会える海の生き物たちについて「(有)銚子海洋研究所」のスタッフの皆さんが紹介してくれます。
どれも、イルカウオッチングで出会える生き物たちばかり。銚子沿岸から沖合にかけてこんなにたくさんの生き物に会えるなんて、“銚子ならでは!”です。
スナメリの群れ マッコウクジラの尾びれ
カマイルカの華麗なジャンプ オットセイの優雅な昼下がり

イルカウオッチングで楽しい出会い
銚子で海の生き物たちと出会うチャンスは、やっぱり、「イルカウオッチング」です。
銚子市外川港(とかわこう)の目の前に位置する「(有)銚子海洋研究所」は、銚子の海と生き物に魅せられた宮内幸雄氏により、“銚子の海で出会える生き物たちをもっと身近に感じて欲しい”という願いから、平成10年に設立されました。
なかでも「イルカウオッチング」は、ここ数年の遭遇率90%近くという高い確率でイルカたちと出会えるということで、地元をはじめ、観光客の皆さんからも大人気です。東京から電車や車で2時間ちょっとの場所で、こんな貴重な体験ができるんですから、絶対オススメです。運が良ければ、数千頭のイルカたちや、海ガメなどと出会うことができます。
イルカウオッチングで可愛い海の生き物たちに出会ったら、日頃の疲れやストレスも吹っ飛びますよ。
イルカウオッチング体験記
平成21年7月某日、リポーターを任命された私と後輩編集員Fちゃんのふたりで、念願の「イルカウオッチング」に参加してきました。7月から10月までは、「沿岸イルカウオッチング」のシーズンで、かわいいスナメリを見ることができます。沿岸から程近い場所で、スナメリと会えるなんてワクワクしちゃいます。前日の夜は、遠足の前の日の子どものように眠れませんでした・・・。

楽しかった「イルカウオッチング」、皆さんにも体験レポートをお届けしま~す。
1.まずは乗船手続き 2.マリーナから出航 3.これがフリッパー号 4.手作りボードで説明
  1. まずは、乗船手続き。保険の加入手続きをします。(これで万が一海に落っこちても安心?)
  2. 出航は、銚子マリーナから・・・。出航までの時間は、周辺でのんびり散歩もいいですよ。
  3. 2002年に就航した、ウオッチング船「フリッパー号」。トイレ・冷暖房を完備しています。真っ白でかわいいっ!
  4. 乗船する前にスタッフの大富さんと荒井さんが手作りボードで「スナメリ」についての説明をしてくれました。
    楽しくてわかりやすい説明に聞き入りながら、チャーミングなふたりのファンになってしまいました(^^)v
5.も~いいよ。byカイ 6.いよいよ乗船! 7.きれいで明るい船内 8.屏風ケ浦が遠くなる・・・
  1. フリッパー号の甲板では、名物犬カイちゃん(女の子です♪)が「準備はいいぞ~、早く乗っておいでよ」と言いたそうな顔でこちらを見ています。
  2. ライフジャケットを着用して、いよいよ乗船です。
  3. まずは、着席して注意事項を聞きます。でも外の景色が気になってそわそわしてしまいました。
  4. 甲板に出てみると、出航した銚子マリーナや屏風ケ浦の景色がだんだん遠くなってきて「いよいよだわ・・・」と期待は最高潮に・・・。
9.海は広いな大きいな♪ 10.スナメリ発見!大興奮 11.シャッターチャンス逃す 12.今日もごくろうさん!
  1. 広大な海を眺めながら潮風に吹かれる後輩のFちゃん。(彼と来たかったなぁ)なんて考えていたのかしら・・・?
  2. いきなり誰かが「スナメリだっ!」 (えっ、どこどこ?)大人しかった後輩の表情が一転しました。船から50mくらい離れた所で親子連れのスナメリが10頭ほどゆっくりと泳いでいました。感動の瞬間です。
  3. シャッターチャンスを逃すまいと頑張った結果がこれ。何も写っていませんでした(-_-;)
    でも、しっかりと自分の目に焼き付けたから良しとします。
  4. 船から降りると仕事を終え、ひと息ついているカイちゃんがそこにいました。すっかり癒された私たちは、お世話になったカイちゃんに「またきっと来るからね!」と再会を誓って帰ってきたのでした・・・。
誕生月の乗船客には、手作りのバースデーカードが贈られます。私は9月、後輩のFちゃんは10月生まれなので、また乗船させていただきますね!海洋研究所のスタッフの皆さん、お世話になりました。

記:M・S

(有)銚子海洋研究所
海と海の生き物たちをこよなく愛する宮内所長は、銚子ポータルサイト「すきっちょくるっちょ」の「観天望気~天気予想コーナー~」で天気予想を担当されています。空をみて、海をみて、風を感じて予想するという宮内所長の天気予想は、とっても当たると評判です。これも安全第一に「イルカウオッチング」を楽しんでもらいたいという宮内所長の永年の努力の賜物なのですね。
すきっちょくるっちょ 銚子ポータルサイト 『すきっちょくるっちょ』
http://www.sukikuru.net
ひょうきんで楽しい宮内所長と、明るくて可愛いスタッフで皆さんのお越しをお待ちしています。
■(有)銚子海洋研究所■
住所:千葉県銚子市外川町2-11077-9
(銚子電鉄外川駅から徒歩5分)
TEL:0479-24-8870
FAX:0479-22-7911
URL:http://www.choshi-iruka-watching.co.jp/
スタッフの皆さん
大富さん   宮内所長   荒井さん
 コース紹介 
  • 沿岸イルカウオッチングコース(沿岸コース)
    期間:7月~10月
    出会える生き物:スナメリ
  • 沖合イルカウオッチングコース(沖合コース)
    期間:4月~6月
    出会える生き物:カマイルカ・バンドウイルカ・スジイルカ・マイルカ等
  • オットセイウオッチング(沖合コース)
    期間:2月~3月
    出会える生き物:キタオットセイ等
  • 沖合クジラウオッチングコース(沖合いコース)
    期間:11月~12月
    出会える生き物:カズハゴンドウ・ハナゴンドウ・シャチ等
その他にもサンライズクルーズ・サンセットクルーズ・銚子半島周遊クルーズなどのコースもございます。
※定員や料金などの詳細情報は、銚子海洋研究所のホームページでご確認ください。

※掲載情報は、2009年7月31日現在のものです。

<掲載情報について>
各号の記事中で掲載している情報は、それぞれ発行時点でのものです。
このため、記事中で紹介しているリンク先ページは移動・削除・その他の理由により参照できなくなっている可能性があります。予めご了承ください。

前のページへ このページの先頭へ

HOME | お問い合わせ・ご意見 | このサイトについて | 当協会について | リンク
(C)一般社団法人銚子市観光協会 TEL:0479-22-1544(JR銚子駅構内)