交通のご案内


おすすめコンテンツ
銚子ポートタワーウェブサイト
地球の丸く見える丘展望館ウェブサイト
フォトコンテスト受賞作品をみる
特集アーカイブ
イラストギャラリー

特設サイト
調子イイ銚子をちょ~知りたい!観光協会スタッフブログ お試し移住体験

色々つぶやき中♪『ツイッター』
地球の丸く見える丘展望館のつぶやき

ぬれ煎餅のご注文
まるごとeちば 千葉県公式観光物産サイト
特集アーカイブ
グルメ探索!銚子の自然に育まれたうなぎとキャベツ
千葉県では、平成20年1月1日から3月31日までの間、全国から多くの観光客のみなさんをお迎えする「早春キャンペーン」を実施しています。
今月は、キャンペーンの中から、選りすぐりの「グルメ体験」をお届けします。
うなぎ炭火焼体験
うな重 慶応3年創業の「忠平株式会社」は、利根川の白子うなぎを契約養鰻場で育てる一貫生産で、良質なうなぎを加工しています。味の良い良質なうなぎを優秀な技術で加工して、首都圏一帯に供給しています。
うなぎ職人の指導のもと、炭火焼を体験します。うなぎが美味しく焼けたら、うな重(お吸い物・自家製ぬか漬け付)でいただきます。
目の前を流れる、利根川を眺めながら食べるうな重は、きっと忘れられない味になるでしょう。
うなぎ炭火焼体験の手順ご紹介
職人さんの見事な技
手順
炭火焼体験の前に、うなぎのさばき方を見学させていただきました。
  1. うなぎの背を手前にして置き、首のあたりに「目打ち」を当てて、包丁のみねでたたいてまな板に固定する
  2. 背びれの手前から、包丁を入れ開いて、はらわたを取る
  3. 中骨の下に包丁の先端を差込み手前に引いていくような感じで骨を取る
  4. 残っているうなぎのヒレやヘリを切り取り、頭を落とす
  5. 2等分に切って「くし打ち」をして完了
感想
すごい!ぬるぬるしているのに、華麗な手さばきでうなぎを次から次へとさばいてしまいました。
(これが私が食べるうな重になるのね・・・)
「くし打ち3年、裂き8年、焼き一生」といいますが、不器用なわたしがやったら、きっと一生かかっても上手にさばけないかも・・・?
うなぎの生の姿を見る機会はそうそうありませんから、いい体験でした。
注)早春キャンペーンの体験者は、工場の2階から見学することができます。
さあ、ここから炭火焼き体験スタート!
手順
さあ、ここからが私の出番です。炭火焼体験用の七輪の中には、あらかじめ火をおこした炭が入っています。火加減、焼き加減、どれもよくわかりませんが、職人さんがそばについて指導してくれるので安心です。
  1. 皮目のほうから焼く
  2. 焼き色がついたら今度は身のほうを焼く
  3. 程よく焼けたら蒸し器に入れて蒸す
  4. たれをつけて、裏表様子を見ながら焼く
  5. たれつけを2回繰り返す
  6. 焼きあがったら、たれをかけたご飯の上にのせて出来上がり
うな重の完成!いただきま~す
うな重の完成
▲完成したうな重
(お吸い物と自家製のぬか漬け付)
私の焼いたうなぎがお重にきれいに盛られました。
これを、利根川を一望できる2階の部屋でいただきます。
丹精して焼いたうなぎなので食べるのがおしくなってしまいましたが、さっそく、温かいうちにいただきました。香ばしく焼かれたうなぎの蒲焼きと、たれが程よくしみた炊き立てご飯が絶妙の味わいです。本格的なうなぎの炭火焼を体験でき、さらに焼きたてをいただけるなんて、贅沢ですよね。
関東風の蒲焼きは、一度「蒸し」が入るのでふっくらとした仕上がりになるのだそうです。体験以外にもうなぎに関するいろいろなことを教えていただき、お腹も気分も大満足でした。
キャンペーン詳細
期間 平成20年2月4日(月)~3月31日(月)までの月・火・土
時間 13:00~15:00
参加可能人数 2~8人
アクセス 〒288-0877
千葉県銚子市宮原町1485
JR成田線下総橘駅下車、タクシーを使って5分
料金 1人 2,000円
予約 1週間前までにご予約ください
お問合せ先 忠平株式会社
受付曜日:月~土曜日 受付時間:8:30~17:00
TEL:0479-33-1634
忠平株式会社
忠平株式会社では、「うなぎ炭焼体験」のほか、うなぎ加工品の販売も行っています。美味しさを閉じ込めた冷凍真空パックがおすすめです。

【販売品のご案内】
  • 白焼きセット
  • 蒲焼きセット
    ※価格についてはお問い合わせください。
  • 住所:〒288-0877 千葉県銚子市宮原町1485
  • TEL:0479(33)1634/FAX:0479(33)1663
  • 営業時間:月~土曜日 8:30~17:00
  • ホームページ:http://www.chuhei.co.jp/
    工場見学も可能ですので事前にお問い合わせください。
期間限定の創作料理を味わう(プレゼント付)
灯台キャベツを使ったマグロの包み焼き 「灯台印」の名で知られる銚子は、全国でも有数のキャベツの産地です。温暖な気候風土に恵まれていることと、首都圏から100キロ圏内にあるという好条件を生かし、昭和28年から作付が開始され、現在では、銚子を代表する農産物となりました。春に出荷されるキャベツは、春先に多い濃霧と潮風の恵みによって、ミネラル豊富でやわらかく、美味しいキャベツになります。特に1月~3月のキャベツは、春キャベツと呼ばれ、甘くてとてもやわらかいのが特徴です。
ウオッセ21内にある「シーフードレストランうおっせ」では、銚子産キャベツと、銚子漁港で水揚げされた近海マグロを使用した創作料理「灯台キャベツを使ったマグロの包み焼き」を、期間限定で味わえます。
腕自慢のシェフが考えたおすすめメニューです。
やわらかキャベツとマグロのうま味が絶品
ロールキャベツというと、ひき肉をキャベツで巻いたものが一般的ですが、「灯台キャベツを使ったマグロの包み焼き」のキャベツの中は、なんと「マグロ」です。
使用するマグロは、銚子で水揚げされた「びんちょうマグロ」や「バチマグロ」などです。やわらかく煮込んだロールキャベツと色とりどりの野菜とクリームソースが、とっても優しい味わいです。
ネーミングが長いので、ご注文の際は“「マグロのロールキャベツ」ください”と言えばOKです。
ご飯・佃煮・お吸い物・小鉢がついたセットも用意していますのでご一緒にどうぞ。
銚子特産「しょうゆ」ボトルをプレゼント
銚子には、4世紀にわたって続く伝統の味・醤油があります。
市内には、「ヤマサ醤油」、「ヒゲタ醤油」の大手醤油メーカーの工場があり、日本だけでなく今や世界に誇る調味料になりました。
キャンペーン期間中、「灯台キャベツを使ったマグロの包み焼き」をご注文いただいた方に、銚子名物お醤油を1本プレゼントしています。
ぜひ、この機会にご賞味を!
「醤油」ボトル
キャンぺーン詳細
期間 平成20年1月1日(火)~3月31日(月)
時間 11:00~17:00
参加可能人数 制限なし
アクセス 千葉県銚子市川口町2-6529-34
銚子駅から岬めぐりシャトルバスを使って約15分
料金 680円
予約 不要
お問合せ先 シーフードレストランうおっせ
受付時間:9:00~18:00 TEL:0479-24-8831

シーフードレストランうおっせ
ウオッセ21内のレストラン「シーフードレストランうおっせ」は、銚子で水揚げされた新鮮な魚介を使ったメニューがいただける人気のスポットです。ウオッセでお買い物を楽しんだ後は、レストランで美味しい食事に舌つづみ。
美味しいお食事をごゆっくりお楽しみください。

【おすすめメニュー】
  • えいひれの唐揚げ
  • いなだのなめろう
  • 各種どんぶり(海鮮丼・まぐろ丼・市場丼・北海丼ほか)
  • 定食(うおっせ定食・まぐろづくし定食・お刺身定食ほか)
    ※その他、洋風メニューも豊富に取り揃えています。
  • 住所:〒288-0001 千葉県銚子市川口町2-6529-34
  • TEL:0479(24)8831/FAX:0479(24)8717
  • 営業時間:11:00~17:30(年中無休)
    ネタがなくなると早めに閉店することがありますのでご了承ください。
  • ホームページ:http://www11.plala.or.jp/wosse/

▼ウオッセ21 水産物即売センター
   新鮮な魚介や加工品を数多く取り揃えています。
  • 住所:〒288-0001 千葉県銚子市川口町2-6529-34
  • TEL:0479(25)4500/FAX:0479(24)3210
  • 営業時間:8:30~17:30(年中無休)

※掲載情報は、2008年1月末日現在のものです。

<掲載情報について>
各号の記事中で掲載している情報は、それぞれ発行時点でのものです。
このため、記事中で紹介しているリンク先ページは移動・削除・その他の理由により参照できなくなっている可能性があります。予めご了承ください。

前のページへ このページの先頭へ

HOME | お問い合わせ・ご意見 | このサイトについて | 当協会について | リンク
(C)一般社団法人銚子市観光協会 TEL:0479-22-1544(JR銚子駅構内)