交通のご案内


おすすめコンテンツ
銚子ポートタワーウェブサイト
地球の丸く見える丘展望館ウェブサイト
フォトコンテスト受賞作品をみる
特集アーカイブ
イラストギャラリー

特設サイト
調子イイ銚子をちょ~知りたい!観光協会スタッフブログ お試し移住体験

色々つぶやき中♪『ツイッター』
地球の丸く見える丘展望館のつぶやき

ぬれ煎餅のご注文
まるごとeちば 千葉県公式観光物産サイト
イラストギャラリー
銚子のおすすめスポットや名物・名産、季節のイベントなど、これまでに掲載したイラストをご紹介します。

2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 | 2010 | 2011 | 2012 | 2013

2006年

『銚子の地酒』 (2006.12)

お土産にもぴったりな銚子の地酒。酒造りは、11月から3月にかけての寒い時期が本腰の入れ時です。銚子ブランドにこだわったそれぞれの地酒を、飲み比べてみませんか?

『銚子の練り製品』 (2006.11)

漁業のまち銚子は、東京と並んで日本有数のはんぺんの生産地です。はんぺんやつみれなど、新鮮な魚を使った練り製品でおいしいおでんを作りませんか?

『地球の丸く見える丘展望館』 (2006.10)

地球の丸く見える丘展望館は、北総地区(千葉県北東部)で一番高い愛宕山の頂上に位置しています。屋上の展望スペースから見える風景に、地球が丸いという事を実感できます。

『銚子地方気象台と秋の空』 (2006.9)

太平洋に突き出た半島にある銚子は、沿岸に黒潮が流れているため、温帯地方の温暖な海洋性気候となっており、四季を通して過ごしやすい地域です。

『イルカウォッチング』 (2006.8)

親潮と黒潮がぶつかり、昔から魚が集まる場所として有名である銚子沖には、クジラやイルカ達がたくさん集まります。時にはなんと5000頭ものイルカの群れに出逢える事も。群れを成して悠々と泳ぐ様はまさに圧巻です。

『ハマヒルガオ』 (2006.7)

銚子半島は、黒潮と親潮が交差するため、暖流系と寒流系の海岸植物を観察することができます。なかでも犬吠埼周辺は、海岸植物の宝庫。力強く、そして可憐に咲く草花たちと出会えるでしょう。

『銚子メロン』 (2006.6)

キャベツと並んで銚子を代表する農作物、メロン。
メロン栽培に適した環境で育てられた銚子メロンは、とても甘くて風味豊か。
メロンワインなどの加工品も大人気です。

『犬吠埼温泉』 (2006.5)

関東の最東端に位置し、太平洋に突き出た岬にある犬吠埼温泉。
朝に夕に表情を変える海を眺めながらの温泉入浴は、まるで海と一体になったかのよう。
温泉はミネラル分を多く含み、肌がつるつるになる美人の湯です。

『犬吠埼周辺地層』 (2006.4)

この犬吠埼周辺の砂岩は、約1億2000万年前に堆積した地層(堆積物)であると考えられています。
犬吠埼灯台下の遊歩道を歩くと、海水の浸食作用や、風の風食作用によって作られたさまざまな地層を見ることができ、遊歩道に囲まれた丸いプールでは、アンモナイトやトリゴニア(三角貝)の化石や、植物の化石も地層の中から発見されています。

『寶満寺と桜』 (2006.3)

米国の女流現代美術作家ジェニファー・バートレットの描いた合計321枚の絵からなる美しい天井画で有名な寶満寺ですが、毎年春になると、たくさんの桜が本堂をつつみ、桜の名所としても知られています。

『いちごハウス』 (2006.2)

東関東自動車道、香取インターを下り、国道356号線を東に20分ほど車で走ると、街道沿いのあちこちにいちごの売店があります。大粒で真っ赤に熟したいちごは甘みも抜群!
種類は、「幸の香」「とちおとめ」「とよのか」「アイベリー」など。
果実が完熟し赤くなってくる12月~5月が収穫時期。ハウスの中は、いちごの甘~い香りに包まれます。

『銚子駅前イルミネーション』 (2006.1)

冬のクリスマスシーズンに、銚子駅前は色とりどりの美しいイルミネーションで彩られます。電車を降りて外へ出るとロータリー全体を囲うようにきらきらとした明るい空間が広がります。

<掲載画像、記事の転載等について>
当ホームページで掲載している写真、記事等の無断転載はご遠慮ください。
掲載画像、情報等の著作権は、(社)銚子市観光協会またはそれぞれの情報提供者に帰属します。

前のページへ このページの先頭へ

HOME | お問い合わせ・ご意見 | このサイトについて | 当協会について | リンク
(C)一般社団法人銚子市観光協会 TEL:0479-22-1544(JR銚子駅構内)